×

CATEGORY

HOME»  今月の禅語»  12月(師走)の禅語

看看臘月尽(みよみよろうげつつくす)

臘月とは12月のこと。時間はみるみるうちに過ぎ去ってしまい、今年も残りわずかであるという意味。

歳月不待人(さいげつひとをまたず)

時の流れは人を待ってくれない。

閑南北東西活路通(かんなんぼくとうざいにつうず)

閑はぴしゃりと閉めてどこへも通さぬ、東西南北はどこへでも立派な道がつづいているという意味。

冬嶺孤松秀(とうれいこしょうひいず)

冬の峰の上で、他の草木が枯れてしまったのに、松が独り緑を誇っているという意味。

三冬枯木花(さんとうごぼくのはな)

冬の真っ只中の枯れ木に花が咲くということの意味。三冬とは冬の三ヶ月や三年ともいう。

目出度千秋楽(めでたくせんしゅうらく)

平穏に1年を終え千秋楽を迎えてまことにおめでたいという1年を締めくくる言葉。

紅炉一点雪(こうろいってんのゆき)

真っ赤に燃え盛る炉の上に一片の雪が舞い落ち、瞬時に消えるさまをいう意味。

銀碗裡盛雪(ぎんわんりにゆきをもる)

銀製の白っぽいお碗に真っ白の雪を盛ると、それぞれ別物でありながら一見一つの物に見えるという意味。

今月の行事・師走

僧(師)がこの月になると、あちこちと忙し走りまわるところから、師走の語ができたともいわれている。

冬至

二十四節気のひとつ。昼の時間のもっとも短い日である。この日を境にまた日が長くなってくるところから「一陽来復」と称する。この日、粥、南瓜、蒟蒻などを食べる習慣がある。

何に此の師走の市に行く鳥 芭蕉
板橋へ荷馬のつづく師走かな 正岡 子規
炭売に日のくれかかる師走かな 蕪村
大原女にまたことづてや年の暮 高浜 虚子

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード