×

CATEGORY

HOME»  今月の禅語»  10月(神無月)の禅語

清風万里秋(せいふうばんりのあき)

清風が吹き渡りあたり一面が秋景色のこと。

風光日々新(ふうこうひびあらた)

大自然の風景は、日々に新たな変化があるという意味。

明月上孤峰(めいげつこほうにのぼる)

ぽつねんとそびえる峰明月が上っている。明月皎々として寂蓼たる光景の意味。

山高月上遅(やまたかくしてつきののぼることおそし)

山が高いと月が出るのも遅いが高い山に出た月はすでに皎々とかがやいている事も見落とせないという意味。

一粒万々倍(いちりゅうまんまんばい)

一粒の茶のたねは、人々の丹精によって増えに増えつづけて今日にいたっているという意味。

紅葉舞秋風(こうようしゅうふうにまう)

散りそめた紅葉が秋風に舞っている様子で、晩秋の寒々とした光景。

吾心似秋月(わがこころしゅうげつににたり)

わたしの心は秋の月に似ている。澄み切った悟りの境地を詩の中に託したもの。

水急不流月(みずきゅうなるにつきをながさず)

急流に映る月影はもちろん揺れてはいるけれど流れ去ることはない。あわただしい日常にありながら、変わらぬ真理の姿をあらわしたもの。

壺中日月長(こちゅうにちげつながし)

茶道で狭い室内を時空を越えた仙境とし、思う存分異次元体験する場所に見立てる。

月印水水印月(つきみずにいんし、みずつきにいんす)

月と水とが和して相照らす景はそのまま「和敬清寂」の具現。天と地の大きな違い、差別を提示しながら、その天と地・水月の和。

今月の行事・歳時記

名月

八月十五夜の月であり、仲秋の満月である。中国では中秋節として祝うが、日本でも名月を祝う行事は全国に行きわたっている。だが、中国の行事と誌歌が輸入される前に、日本人は信仰的な意味から、この日の月を大事にした。

名月や池をめぐりて夜もすがら  芭蕉
名月や兎のわたる諏訪の湖  蕪村
名月を取てくれろと泣く子かな  一茶

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード