×

CATEGORY

HOME»  今月の着付け»  7月(文月)の着付

季節の着物・帯

7月(文月)の着物
7月(文月)の着物
7月(文月)の着物

7月(文月)の着付

これから夏本番、花火見物など浴衣を着てお出かけなど、気分が変わって楽しいものです。
今回は、浴衣の着方を二通り提案いたします。まず、白地市松模様の浴衣には、紫の博多半巾帯を合わせました。
結び方は一文字結び、モデルの奥様は腰回りを気にされていて、身丈も大柄なほうではないので、一文字を少し大きめにしてボリュームを出し、腰回りとのバランスをとり、足長に見えるように、少々帯びを高めにしています。

お稽古着などの着方です。襟元に絽の半衿をのぞかせてきちんとした印象を出し半巾帯ですが「や」の字結びにして帯〆使うことで、浴衣との違いをだしました。
しかし半衿を出し名古屋帯をしてもレストランや歌舞伎などは場違です。ドレスコードを考えて楽しみましょう。

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード