×

CATEGORY

HOME»  今月の着付け»  6月(水無月)の着付

季節の着物・帯

6月(水無月)の着物
6月(水無月)の着物

6月(水無月)の着付

六月一日は衣更えです。
制服の学生たちはいっせいに夏服にかわります。着物の世界も袷の長着から単物(ひとえもの)になります。
単物とは、裏地をつけなければ袷になる表地で仕立てられた着物で、盛夏の薄地のものとは異なります。
また着物の衣更えは一ヶ月ぐらいかけて下着から少しづつってきます。五月上旬から長襦ばんが単になり五月最終週には着物も単になります。六月中旬には長襦ばんが絽になり半衿も絽になると、帯、帯締め帯揚 げ夏用になり暑い時には六月最終週でも着物も盛夏用の絽や紗を着てもよいことになっています。
写真のコーディネートは六月中旬単えの訪問着に絽つづれの帯、レース糸の帯じめ絽の帯揚げです。

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード