×

CATEGORY

HOME»  今月の着付け»  12月(師走)の着付

季節の着物・帯

12月(師走)の着物
12月(師走)の着物
12月(師走)の着物
12月(師走)の着物
12月(師走)の着物
12月(師走)の着物

12月(師走)の着物

12月に入りクリスマスパーティーや年忘れ会などのときに華やかな中に落ち着きのあるお嬢様の小紋の着物に袋帯を合わせました。

着物は蘭唐草の小紋です。このあかね色の地色は、どんな色の帯とも合わせやすい便利な色です。白色が基調の帯でも濃い色か基調の帯でもどちらも大丈夫です。今回は黒に近い深緑の地色で格調高い柄が織り込まれた袋帯を合わせています。この帯を白地の名古屋帯に変えますと、暮れの忙しい日々にほっと一息お友達と食事へなどお出かけにピッタリです。

今月の帯

男の着物
男の着物

男の着物

最近男性の和服姿もよく見ます。女性の着付と違い男性の着物はまきつけるだけで着られますから、もっと和服を楽しむ方がふえるといいと思います。

大島紬に袴をつけています。若い方がお茶席での半東などする時は、この装いで充分です。この大島紬はアンサンブルで羽織もありますからお正月の初詣など袴をつけないで楽しむことができます。

男の着物
男の着物

次の色無地は紬のアンサンブルですからカジュアルにも使いますが、実際は長着の方に縫い紋が背中にひとつつ付けてありますので羽織を脱げば袴つきでお茶席に入ることができます。

男の着物
男の着物

黒紋付は男性の第一礼装(正装)で慶弔事共に着用します。この場合半衿と草履の鼻緒は白です。

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード