×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・茶器・金輪寺・金輪寺茶器

茶道具・古道具・茶器・金輪寺・金輪寺茶器

●金輪寺 薄茶器の一種。禁輪寺とも書く。江戸時代初期まで濃茶器として、中期以後には薄茶器として使用されるようになった。由来は後醍醐天皇が御座所の吉野金峰山てら(金輪寺)で一字金輪の法を修せられ、衆僧に茶を賜ったとき、山頂の蔦の木株をもってつくられたと伝説される。本歌は足利義政が所持し、のち義昭から信長に贈られ、大雲院開山の貞安上人に伝来した。蓋裏に「勅」の一字があり、後醍醐天皇の宸筆と伝えられる。


●茶器 広義には茶道具全般を、狭義には薄茶器を指す。

●薄茶器 薄茶をいれる容器の総称。薄器、薄茶入ともいう。材質は木地・漆器・象牙・竹・一閑張・籠地・陶磁器・金属など多様で、形状は棗・中次・頭切・雪吹の四種に大別され、薄器六器・薄器七種などに分けられる。

●茶器のお稽古にご使用ください。

●サイズ 胴径 6.8cm 口径 6.2cm 高さ 6.8cm 底径 3.8cm

●商品状態 中古品 使用感はありません。底に一か所ソゲがあります。経年による擦れ、汚れ、小キズ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品 なし

●発送方法と送料
  ヤマト運輸・ゆうパック(神奈川県より発送)
  一点以上何点でも930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

 

  • 茶道具・古道具・茶器・金輪寺・金輪寺茶器

  • 販売価格

    1,100円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

  •  



関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード