×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・古美術・茶入・赤絵・南京赤絵茶入

茶道具・古道具・古美術・茶入・赤絵・南京赤絵茶入

唐物茶入  本来は、薬や調味料を入れる小壺としてつくられたものと思われる。唐物茶入は形状によって分類される。大きな分類として、江戸時代以来、、漢作茶入、唐物茶入の二通りの呼び名があり、漢作は古い時代、唐物は明代以降である。

●南京赤絵 中国、明末・清朝の初期に景徳鎮の民窯で焼かれた磁器で、白磁の上に赤を主調として緑・黄・紫・青などの顔料で上絵付けしたもの。海外に盛んに輸出され、日本では南京から渡来した赤絵の意として称された。火入・皿を主とする。
万暦年間(1573‐1619)には官能的で濃艶な赤絵が作られ,日本の茶人はこれを万暦赤絵と呼んで珍重した。また明末の天啓年間(1621‐27)から清初にかけて天啓赤絵,南京赤絵と呼ばれる粗雑な器皿,福建省あたりでは奔放な絵付の呉須赤絵が焼造されたが,これらも日本の茶人たちに愛好され,日本の赤絵の発展に大きな影響を与えた。清朝の成立とともに康熙・雍正・乾隆期には粉彩と呼ぶ精緻な五彩磁が作られ,よりいっそう絵画的な表現を展開していった。

●中古品です。古美術品です。南京赤絵の茶入です。蓋は共蓋です。赤絵をお楽しみください。

●サイズ 全高 7.8cm  口径 3.5cm   底径 4.2cm  胴径  6.6cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸・ゆうパック(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。
 
●商品状態 中古品です。経年による擦れ、汚れ、色むら、小キズおよび写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品   桐箱
 

  • 茶道具・古道具・古美術・茶入・赤絵・南京赤絵茶入

  • 販売価格

    88,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)



関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード