×

CATEGORY

HOME»  工芸品・伝統工芸品»  工芸品・藍染・藍木綿・テーブルセンター・鳥獣戯画 ・笹倉玄照堂

工芸品・藍染・藍木綿・テーブルセンター・鳥獣戯画 ・笹倉玄照堂

●笹倉玄照堂の藍木綿は江戸時代の木綿の手ざわり、肌ざわりを再現、伝統的な文様の数々を復元、先人の知恵と技術の藍木綿のすばらしさを生活の中で楽しむことができます。

●藍染め(あいぞめ)とは、染料として用いた染物である。藍染は薄い段階ではみを帯び、濃くなるにつれ、みを帯びる。

●日本における藍染はタデ藍を発酵させて作る。藍玉を用いることが多い。藍染めは名前のとおり藍色染色を行うことができ、色が褪せにくいという優れた特徴を持つ。日本において江戸時代には多くの藍染めが行われた。かつては阿波藩における生産が盛んであり、現在でも徳島県の藍染めは全国的に有名である。

●鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)は、京都市右京区高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物国宝鳥獣戯画とも呼ばれる。現在の構成は、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全4巻からなる。内容は当時の世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、嗚呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえる。特にウサギカエルサルなどが擬人化されて描かれた甲巻が非常に有名である。一部の場面には現在の漫画に用いられている効果に類似した手法が見られることもあって、「日本最古の漫画」とも称される。

●藍木綿のテーブルセンターーです。鳥獣戯画の柄です。現代のテーブルがおちついた趣味人の卓上になります。使うほどに味わいある木綿のタペストリーです。藍木綿をお楽しみ下さい。

●サイズ タテ 55cm  ヨコ 110cm

●発送方法と送料 ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態  新品です。写真による若干の相違はご了承ねがいます。

●付属品 なし
 

  • 工芸品・藍染・藍木綿・テーブルセンター・鳥獣戯画 ・笹倉玄照堂

  • 販売価格

    4,950円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)


関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード