×

CATEGORY

HOME»  茶道具»  茶道具・古竹・有馬山茶杓・木箱入・久保左文造

茶道具・古竹・有馬山茶杓・木箱入・久保左文造

●茶杓 茶杓は茶をすくう匙で、茶則、茶匙ともいう。初めは中国の象牙製のものが輸入され、団茶の時代から使われたようである。茶をすくう部分が芋葉茶杓であったが、抹茶の点前の変換にともなって、茶入れに入りやすく、道具の上に置くのに都合の良い形に変わっていった。

●有馬山茶杓 小堀遠州作・孤逢庵伝来。さび竹の侘び竹で、普通いう遠州茶杓とは趣を異にする有馬湯治の即興作。櫂先のためかたに特色あり、あまりに薄く削ったため竹の皮のごとくヒラリと飛躍し、このため方によって有馬山型なる銘が生じた。

●小堀遠州好、有馬山写し茶杓、古竹材を使用し、折曲が特徴、風合い有る茶杓。
お稽古にも自然と熱が入ります。

●サイズ 18.2cm

●発送方法と送料ヤマト運輸(60サイズ/神奈川より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態 新品です。天然の竹素材につき、形状及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品 木箱

  • 茶道具・古竹・有馬山茶杓・木箱入・久保左文造

  • 販売価格

    6,300円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)




関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード