×

CATEGORY

HOME»  工芸品・伝統工芸品»  江戸切子・ぐい呑・鼠・赤 大久保 忠幸 作

江戸切子・ぐい呑・鼠・赤 大久保 忠幸 作

●江戸切子 天保五年加賀屋久兵衛が江戸大伝馬町で金剛砂を用いてガラスを彫刻し、切子細工の法を工夫したと伝えられる。これがわが国におけるカットグラスの始まりである。江戸切子は庶民の手によって、その採算の粋の中で製作されたもので、明治維新の政治的変革にも影響を受けなかったばかりか明示初期に政府が欧米の文物の導入に積極的な方策をたて模範工場を指定した際に品川硝子製作所の名の下に、ヨーロッパの新しい技法が導入され切子については明治15年に英人技師によって伝習生に教えられたので、江戸時代の切子の伝統は今日に長く存続する基礎を作ったのである。

●日本工芸会正会員の大久保 忠幸作の江戸切子のぐい呑です。鼠がかわいらしい杯です。
伝統の技を守りながら新しい形に挑戦している作家です。
江戸切子の伝統の技を楽しんで下さい。

●サイズ 高さ 5.3cm 口径:5.2cm  底径:2.4cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態 新品です。 写真の若干の相違についてはご了承願います。

●付属品  紙箱

  • 江戸切子・ぐい呑・鼠・赤 大久保 忠幸 作

  • 販売価格

    5,500円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)


関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード