×

CATEGORY

HOME»  古美術»  古美術・伊万里色絵蓋物・明治時代

古美術・伊万里色絵蓋物・明治時代

有田焼  福岡県西松浦郡有田町で焼かれた磁器の総称。文禄・慶長の役以降に発見された有田泉山の土を用いたわが国最初の磁器。伊万里港から出荷された為伊万里焼の名で知られたが、明治以降、有田焼の名を用いるようになった。時代や技法により、有田陶器系・古伊万里系・柿右衛門系・鍋島藩窯系・有田磁器系に分けられる。

●伊万里焼   有田焼

●明治時代の伊万里焼の色絵蓋物です。使い込んだ味わいがあります。身近において楽しめる器です。お楽しみください。

●サイズ 口径 7.0cm 底径 6.8cm 高さ  14.5cm  胴径  8.2cm

●送料 ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。


●商品状態 経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品 なし
 

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード