×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・色紙・干支色紙・直筆・干支・丑・月心寺・村瀬 明道 尼

茶道具・古道具・色紙・干支色紙・直筆・干支・丑・月心寺・村瀬 明道 尼

村瀬 明道 尼   村瀬 明道尼(むらせ みょうどうに、大正13年(1924年) - 2013年7月19日)は、愛知県出身の臨済宗の尼僧である。月心寺庵主。 朝の連続テレビ小説「ほんまもん」の桜井泉恵尼(野際陽子)のモデルとなった。 大正13年に愛知県に生まれる。9歳の時に京都高源寺で出家する。岐阜県天衣寺で修行を重ね、1949年に京都府八幡市水月寺の副住職、福井県高浜町海見寺住職を経て、滋賀県大津市の月心寺住職となる。

色紙  色紙(しきし)は、古くから短冊と同様に書道作品に用いられ、絵画作品にも多く用いられる。近現代では著名人のサイン寄せ書きにも用いられている。サイン色紙ともいう。なお、「色紙」(しきし)は短冊形に対する色紙形(しきしがた)の略語としても用いられる。書画用の色紙は正方形に近い形の厚紙でできており、金縁が施され、片面には金粉や銀粉などを鏤められているものも多い。なお、「色紙は本来は金粉や銀粉などが鏤められているほうが表面であるが、書画やサインなどは謙遜の意味であえて裏面の白いほうが用いられる」という俗信があるが、実際には用途面では白い面が本来の表面であり、実際には金粉など装飾はあくまで色紙を飾るときの見栄えを良くするために過ぎない。

丑歳  「丑」という字は、手の指を曲げて物を握る様子を表した象形文字で、つかむ、からむという意味があります。糸へんに丑と書く「紐」にその意がうかがえます。中国の『漢書』では、「丑」は曲がる、ねじるという意味を持ち、芽が種子の内部で伸びきらない状態を表しているとされています。中国伝来の十二支は、もともと植物が循環する様子を表しているので、十二支の2番目に、芽が種子の内部で伸びきらない状態を表す「丑」がくるのです。
もともと十二支は植物が循環する様子を表しています。丑は十二支の2番目で、子年に蒔いた種が芽を出して成長する時期とされています。丑年には、先を急がず目前のことを着実に進めることが将来の成功につながっていくといわれています。

●サイズ   色紙   タテ     27.5cm   ヨコ      24.5cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。
◆単品の場合 定形外にて郵送いたします。代金は300円です。送料はご注文後調整いたします。代引及び日付・時間指定はお受けできません。

●商品状態 中古品です。未使用品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品   たとう



 

  • 茶道具・古道具・色紙・干支色紙・直筆・干支・丑・月心寺・村瀬 明道 尼

  • 販売価格

    2,200円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)


  •  

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード