×

CATEGORY

HOME»  工芸品・伝統工芸品»  工芸品・漆器・村上木彫堆朱・金磨塗・花瓶・金磨塗柿紋円筒花瓶・高橋連峰作

工芸品・漆器・村上木彫堆朱・金磨塗・花瓶・金磨塗柿紋円筒花瓶・高橋連峰作

村上木彫堆朱 漆工芸の村上木彫堆朱は、三百年余り前の江戸時代中期に先ず武士の手によってはじめられ、藩主の奨励もあって、やがて町民にも広まり盛んになりました。製作の全工程が手作業であり、美術工芸品的要素が多く、機械が入る余地はありません。木地師、彫師、塗師の独立した技の融合でひとつの製品が誕生します。村上木彫堆朱の製作工程は古今変わらず、現代に伝承されてまいりました。こうしたことから、県、国の各種指定を受け、新潟県を代表する工芸品となっております。村上は古い城下町です。村上地方の漆技は今から六百年前、京都から寺院建築に来た漆工が始めたと伝えられています。村上堆朱 木地から完成まで二十工程の作業で塗り上げられる。代表的な方法です。堆朱塗りの仕上げの後、全体にむらなく溜塗漆を塗り磨きあげたものです。使い込むほどに味わい深い艶がでて愛着が増す一品です。

金磨塗 堆朱塗り、堆黒塗りの色漆の間に金箔を置き、研ぎ出しをして彩色と金箔の美しさを出します。表面のあちこちに金箔を散し、写実風の図柄を使うため色と色の境を丹念にぼかします。

●花瓶(かびん)は切花を挿す目的で用いられる容器(花器)である。一般には置物であるが、壁に掛けて用いるものは掛け花瓶という[1]。なお、花器の花篭には花瓶と一体になっているものと分離しており内部に花瓶を収めるものとがある。花瓶の、形、模様、材質、および大きさは多様性に富む。多くの花瓶は、挿された花をより良く見せるようにデザインされている。花瓶の外見は中に挿されるの印象を左右する重要な要素であり、同じ花であっても別の花瓶に飾れば異なる雰囲気を醸し出すこともしばしばである。 花瓶の構造上の各部分は、人体構造の各部分に例えられる。花瓶の底はしばしばと呼ばれる。花瓶が容易に倒れないように、足は安定感があるよう設計されている。足の上にがあり、多くの場合、膨らみを伴う。胴の上部であるにて、花瓶の径は急速に狭まり、につながり、花を挿しこむが開いている。もっとも、すべての花瓶がこれに当てはまるわけではない。たとえば、掛け花瓶の足は、尖っていたり丸みを帯びているため自立できないものもある。現代的な掛け花瓶の中には、首と胴の境がない試験管のような形をしたものも存在する。 一般的にはなく、水を入れることから、耐水性がある陶器磁気金属などの材料が用いられる。 小型のものは一輪挿しと呼ばれる。

●柿  「柿の花」は、「柿」「熟柿」「木守柿」は季語である。なおこの木守柿とはカキノキになった柿の実を全て収穫せず、木になったまま残しておく数個の柿の実のことである。「こもりがき」「きもりがき」「こまもりがき」「きまもりがき」と読まれる。このような風習は来年の豊作への祈願であるとも、野鳥のために残しておくともいわれる。

●新品です。伝統工芸品である村上木彫堆朱の金磨塗円筒花瓶です。使うほどに艶がでて愛着がわく工芸品です。いつまでも身近において楽しめる品です。金磨塗の柿紋をお楽しみ下さい。

●サイズ   口径   4.0cm    高さ    20.5cm    底径    7.7cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸・ゆうパック(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ756円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態   新品です。写真の若干の相違についてはご了承願います。

●付属品 紙箱 しおり

  • 工芸品・漆器・村上木彫堆朱・金磨塗・花瓶・金磨塗柿紋円筒花瓶・高橋連峰作

  • 販売価格

    22,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード