×

CATEGORY

HOME»  茶道具»  茶道具・工芸品・漆器・村上木彫堆朱・香合・堆朱牡丹紋上彫香合・高橋連峰作

茶道具・工芸品・漆器・村上木彫堆朱・香合・堆朱牡丹紋上彫香合・高橋連峰作

村上木彫堆朱  漆工芸の村上木彫堆朱は、三百年余り前の江戸時代中期に先ず武士の手によってはじめられ、藩主の奨励もあって、やがて町民にも広まり盛んになりました。製作の全工程が手作業であり、美術工芸品的要素が多く、機械が入る余地はありません。木地師、彫師、塗師の独立した技の融合でひとつの製品が誕生します。村上木彫堆朱の製作工程は古今変わらず、現代に伝承されてまいりました。こうしたことから、県、国の各種指定を受け、新潟県を代表する工芸品となっております。村上は古い城下町です。村上地方の漆技は今から六百年前、京都から寺院建築に来た漆工が始めたと伝えられています。村上堆朱 木地から完成まで二十工程の作業で塗り上げられる。代表的な方法です。堆朱塗りの仕上げの後、全体にむらなく溜塗漆を塗り磨きあげたものです。使い込むほどに味わい深い艶がでて愛着が増す一品です。

●堆朱  村上の伝統的な塗り方で木彫り堆朱として全国に知られています。木地に彫刻をし、きゅう漆をして仕上げられます。面に彫刻を施すため、塗り方がむずかしく、指頭又はタンポで塗ります。出来上がりは黒味がかった朱の色ですが、年数が経つにつれ艶が出て透明に輝く朱の色に変化します。

香合  香を入れておく器で香箱ともいわれる。香炉に付随した仏前の合子が本来で、初期のものは、唐物の合子から見立てられたものであろう。炭点前が行われ始めると、盆にのせてもちだしたり、炭斗に仕組んだり、また棚に飾ったりして、客の側が必ず拝見するものとなった。

●牡丹  日本では8世紀には栽培されていたようであるが、文学に登場したのは『枕草子』が最初である(「殿などのおわしまさで後」の条)。夏、初夏の季語。そのほか牡丹の芽は春、初春の季語、狐の牡丹は晩春、牡丹焚火は初冬、冬牡丹、寒牡丹、冬の季語。着物を始め、陶磁器漆器、家具などの文様に好んで描かれてきた。雛人形の調度にも牡丹をあしらった道具が並ぶことが多い。また、想像上の霊獣である「唐獅子」と組み合わせた「牡丹唐獅子」の意匠も好まれ、多く工芸の題材に使われた。

●新品です。村上木彫堆朱の堆朱牡丹紋上彫の香合をお楽しみください。

●サイズ    径   6.0cm     高さ    2.4cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸・ゆうパック(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態   新品です。写真による若干の相違についてはご了承願います。

●付属品 共箱、しおり
 

  • 茶道具・工芸品・漆器・村上木彫堆朱・香合・堆朱牡丹紋上彫香合・高橋連峰作

  • 販売価格

    110,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード