×

CATEGORY

HOME»  古道具»  茶道具・古道具・煎茶道具・煎茶盆・運び盆・後藤塗・後藤塗運び盆

茶道具・古道具・煎茶道具・煎茶盆・運び盆・後藤塗・後藤塗運び盆

煎茶道  江戸初期に中国から伝えられた煎茶趣味が日本の文人たちの間に広まり、江戸末から明治へと隆盛をみるが、煎茶趣味の精神的基礎を江戸中期に出た、高遊外売茶翁の精神に求め、趣味の世界から一つの文化が形成され、やがて煎茶道として一般に広まった文化。形式至上の世界でなく、一定の形式はあるものの、むしろ文人たちの育てた自由さを大切にしている。煎茶・玉露・番茶など各種のお茶が用いられるが、広く煎茶道の名が用いられる。現在は玉露が大半になっている。文化的には、茶器に限らず、広い分野の工芸品、書画など幅広い分野に及ぶ。

煎茶盆  煎茶盆とは、煎茶のお手前で使用される盆のことですが、その用途や形状・材質は色々あります。
大型のものや、手前盆という盆の上でお点前をする際に用いる盆をはじめ、芭蕉の葉をかたどった葉盆や、細長い一文字盆など、普段遣いではあまり見られない形の盆などもあります。また、煎茶道には様々な流派が存在し、流派ごとに呼び名や使用する盆にも違いが見られます。煎茶盆は、手前盆/三器盆/お運び盆の3つに大別され、大きさや形によって様々な呼称があります一文字盆…お運び盆のひとつ。横に細長い形状の盆で、茶碗が5つ乗る大きさ。横幅は女性の腰の幅とほぼ同じで、所作が美しく見えるように作られています。葉盆…主に芭蕉の葉を象った大型の盆。葡萄の葉や白菜を模した物などもある。他にも、半月盆/二文字盆/長方盆/四方盆/小判盆/角盆/一双盆などがあります。

後藤塗  後藤塗は江戸時代末期、高松藩士後藤健太郎の次男として生まれた、後藤太平が発案した特異な塗りで、その偉業をたたえて「後藤塗」と呼ばれるようになりました。太平は父の影響で官休の茶をたしなみ、中国風の書画や骨董を集め、藩の文人達と親交がありました。そうした中で自らも手提げ重や酒盆を朱の漆を使って製作したのが後藤塗の発祥です。

塗りの堅牢さと優雅さから広く一般に普及し、大正初期の頃からは盆や茶托、椀などの日用品をはじめ飾り棚や座卓などにも用いられるようになりました。
歳月を経るにつれて朱の色が味わいを深める後藤塗りの魅力はやがて全国に知られるようになり、香川を代表する漆塗りの特産品となっていきました。
昭和51年には国の伝統的工芸品産業振興法による指定も受けています。

●中古品です。後藤塗の運び盆です。状態は良好です。

●サイズ     タテ    18.0cm   ヨコ   40.0cm    高さ    1.7cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸・ゆうパック(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態     中古品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承ください。

●付属品    紙箱

  • 茶道具・古道具・煎茶道具・煎茶盆・運び盆・後藤塗・後藤塗運び盆

  • 販売価格

    6,600円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード