×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・蓋置・青釉・つぼつぼ・青釉つぼつぼ蓋置

茶道具・古道具・蓋置・青釉・つぼつぼ・青釉つぼつぼ蓋置

蓋置  竹の蓋置には、節のすぐ上で切った風炉用と節を中程において切った炉用とがあります。釜の蓋をのせる具。柄杓を引くのにも用いる。台子皆具の一つとして本来は唐銅の輪であったが、利休以後では、輪といえば竹の輪を指す。陶磁器製のものや、さらに文具などを見立てた応用品などが加わり多種多様になった。

つぼつぼ  そもそもの始まりは京都の伏見稲荷を利休様の孫宗旦が信仰したことにあります。伏見稲荷の門前には直径一寸ほどの素焼きの器が売られており、田宝(でんぽ)と呼ばれていました。田宝は初午の日に門前で子供用のお土産として売っていた小さな土鈴のような陶器のおもちゃだったという説と、お稲荷さんへのお供えの器だったという説とあるようですが、いずれにしてもその素焼きの器の形を宗旦が千家の替え紋(正規の紋以外の紋)として使用しはじめ、“つぼつぼ”と呼ぶようになったものだそうです。 

●釉  釉薬(ゆうやく、うわぐすり、上薬英語: glaze)は、陶磁器琺瑯の表面をおおっているガラス質の部分である。陶磁器などを製作する際、粘土などを成形した器の表面に薬品をかけて生成する。粘土やなどを水に懸濁させた液体が用いられる。ガラス質特有の光沢を得ることができ、様々な色や模様も得られる。これは、釉薬の中の長石が焼成時に溶け出してガラス質を形成し、金属成分が熱による化学変化を起こして色を付けるためである。

●中古品です。未使用品です。青釉のつぼつぼの蓋置です。少し重みのある蓋置です。

●サイズ     胴径  5.3cm     高さ 4.6cm    

●発送方法と送料
ヤマト運輸・ゆうパック(60サイズ/神奈川より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態 中古品です。未使用品です。経年による小キズ、擦れ、汚れ、色ムラおよび写真による若干の相違についてはご了承願います。

●付属品     共箱・共布
 
 
 

  • 茶道具・古道具・蓋置・青釉・つぼつぼ・青釉つぼつぼ蓋置

  • 販売価格

    3,300円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード