×

CATEGORY

HOME»  古美術»  古美術・古伊万里・染付・盃洗・古伊万里染付盃洗・江戸時代

古美術・古伊万里・染付・盃洗・古伊万里染付盃洗・江戸時代

古伊万里肥前有田内外皿山産磁器の初期のもの。その創製は元和・寛永頃で有田皿山はわが国の磁器創始の地である。伊万里の名は付近の伊万里港より移出されたことから起こったものである。この磁器はまず染付から起こり、正保に赤絵も始まっており、多くの古伊万里は染付の上に赤絵をほどこしてある。正保頃から長崎を経てヨーロッパにも輸出され、これが我が国の磁器の海外貿易の最初となった。

盃洗  杯を洗うため水を入れて酒席に置く器。〈さかずき洗い〉ともいう。明確な年代はわからないが,江戸後期から使用され始めたもので,寛政~天保(1789‐1844)ころ世態の推移を書きとどめた《寛天見聞記》(著者不詳)によると,著者の幼いころの酒宴は〈鉄銚子(ちようし)〉と〈塗杯〉を使うのが通例であった。それが染付の〈徳利(とくり)〉と陶磁器の〈猪口(ちよく)〉を使うようになり,〈(さかずき)あらひとて丼に水を入れ,猪口数多浮めて詠(なが)め楽しみ……〉というように変化したのは〈近来仕出し〉,つまり最近はじまったことだとしている。

●中古品です。江戸時代後期、文化文政の頃の盃洗です。陶工の技と時代の生活を感じてください。江戸時代を楽しめる一品です。二人の踊り子が水の中で踊る姿がとても楽しい盃洗です。お部屋のインテリアとしてコンポートとしてもご利用いただけます。

●サイズ     高さ  14.7cm    口径:16.0cm    高台径:10.6cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態    中古品です。経年による多少の擦れ、色ムラ、小キズ、汚れ等につきましてはご了承の程お願い申し上げます。また写真の若干の相違もご了承願います。

●付属品   なし

  • 古美術・古伊万里・染付・盃洗・古伊万里染付盃洗・江戸時代

  • 販売価格

    33,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード