×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・漆器・丸棗・日の丸棗・円能斎好

茶道具・古道具・漆器・丸棗・日の丸棗・円能斎好

なつめ 棗の実の形をしているところからの呼称。室町末期に塗師羽田五郎が創案したという伝えもある。利休形の大中小の棗を基本とし、真塗が原則であるが、蒔絵や青貝、木地のものもある。

日の丸棗  裏千家十三代家元円能斎好みもの

薄茶器 薄茶をいれる容器の総称。薄器、薄茶入ともいう。材質は木地・漆器・象牙・竹・一閑張・籠地・陶磁器・金属など多様で、形状は棗・中次・頭切・雪吹の四種に大別され、薄器六器・薄器七種などに分けられる。

●中古品です。小さなハゲが三か所あります。。使用感はあまりありません。丸棗です。

●サイズ   口径   5.5cm     高さ 6.6cm     底径  2.0cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸㈱(60サイズ/神奈川県より発送)
 ◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。
 
●商品情報 中古品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品 なし
 

  • 茶道具・古道具・漆器・丸棗・日の丸棗・円能斎好

  • 販売価格

    1,100円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)


関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード