×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古茶道具・古美術・高麗茶碗・李朝・堅手・堅手茶碗

茶道具・古茶道具・古美術・高麗茶碗・李朝・堅手・堅手茶碗

●高麗茶碗 高麗は朝鮮の別称の意で高麗茶碗といっても高麗時代につくられたものはほとんどなく、多くは李朝初期から中期にかけて焼かれたものである。高麗茶碗の分類には、井戸、筆洗、割高台、古高麗、呉器、半使、絵高麗、伊羅保、黄高麗、柿高麗、刷毛目、高麗青磁、三島、粉引、雨漏、玉子手、柔らか手、堅手、金海、熊川、御所丸、高麗吹墨、御本、斗斗屋、柿の蔕、白高麗、雲鶴などがある。なおこれらには、本来は筆洗、香炉、片口、酢つぎ、漬物入、祭器などとして作られ、わが国では茶碗に見立てたものも多い。

●李朝陶磁 朝鮮李朝時代の陶磁器。李朝は中国明初から清末までの約五百年間に及び、陶磁器には種々の発達があった。大別すると四期に分かれる。三島時代の初期百年間、堅手白磁時代の中期百五十年間、染付時代の後期二百年間、そして末期の五十年間である。李朝陶磁のわが国に及ぼした影響は非常に大きく、特に茶の湯が盛んになると高麗の名のもとに多く輸入された。また文禄・慶長の役の時に渡来してきた朝鮮人陶工によって創始された窯が数多い。

●堅手(かたで)  朝鮮茶碗の一種。李朝前期の作。磁器質で、その土や釉色が堅い感じのところから堅手と称したという。堅手には堅手の本手・白手・砂堅手・遠州堅海堅手・堅手三島などの種類がある。堅手の本手あるいは堅手と呼ばれるものは胎土は紫でざんぐりしてその上に淡い浅葱色に少し鼠色をしていて、白味のある釉が厚く掛かっている。釉面にはしっとりした艶があり、小ひびが入っている。なお高台まで釉が掛かり土は見せていない。

●李朝の堅手茶碗です。条件が整った手なりの良い茶碗です。李朝陶工の息吹がかんじられる茶碗です。いつでもお使いいただける茶碗だと思います。


●サイズ    口径   12.5cm   高台径   6.0cm     高さ     8.0cm

●発送方法と送料 
ヤマト運輸㈱(60サイズ/横浜より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態 古美術品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品    共箱   仕服  

  • 茶道具・古茶道具・古美術・高麗茶碗・李朝・堅手・堅手茶碗

  • 販売価格

    330,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

  •  


関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード