×

CATEGORY

HOME»  古美術»  古美術・酒器・越州窯・ぐい呑・明時代

古美術・酒器・越州窯・ぐい呑・明時代

越州窯 中国漢代末期から宋代まで浙江省の越州地方で青磁を焼いた窯。越州窯は中国の青磁生産の中心地となった。唐末五代は越州窯の最盛期であり、秘色とよばれ天下の名窯として、素地は灰色で硬く、釉は緑かかった灰褐色であるが、明るいもの、暗いもの一様ではない。

ぐい呑      酒器、安土桃山後期から懐石道具に取り入れられた大ぶりな盃で、一気に飲み干すことの語源から名づける。


●いつまでもお手元に置いておきたい逸品です。中国明代時代の焼物のコレクションとして越州窯の杯はいかがですか。中国明時代の陶工の技をお楽しみ下さい。


●サイズ 口径: 9.5cm   全高 :4.5cm   高台径 :3.8cm


●発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。
 
●商品状態 中古品です。経年による多少の擦れ、色ムラ、小キズ、汚れまた写真の若干の相違もご了承願います。

●付属品 なし
 

  • 古美術・酒器・越州窯・ぐい呑・明時代

  • 販売価格

    27,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)


  •  

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード