×

CATEGORY

HOME»  茶道具»  茶道具・茶杓・古竹茶杓・銘 福寿・大徳寺招福寺・福本積應・宗秦作

茶道具・茶杓・古竹茶杓・銘 福寿・大徳寺招福寺・福本積應・宗秦作

茶杓  茶杓は茶をすくう匙で、茶則、茶匙ともいう。初めは中国の象牙製のものが輸入され、団茶の時代から使われたようである。茶をすくう部分が芋葉茶杓であったが、抹茶の点前の変換にともなって、茶入れに入りやすく、道具の上に置くのに都合の良い形に変わっていった。

茶杓  長さ16cmから長いもので21cm。茶を掬う部分(櫂先という)は幅1cm、長さ2cmほどの楕円形で、一方の辺(竹の場合は表皮側)を曲げた形状をしている。このときと呼ばれる溝のある側が枉げられている。 それぞれ茶杓には名称(これを見所という)があり、枉げてある部分を上部とした場合、先端部分が露、下に向かって櫂先、枉げ軸、茶溜まり、節上、節、おっとり、切り止めと呼ばれる。 節の裏を極端に深く削ったものを蟻腰雉股と呼ぶ。 さらに茶の湯の点前によりに削られ、それぞれ無節(節なしと読む)、止め節(節が切り止め部分にある)、中節(節が茶杓の中間に位置するものや、それより上にあるもの、下にくるものがある)と節の位置が変わる。櫂先にも茶道各流派により形状の決まり事があるが、おおまかに丸形、一文字形、剣先形、兜巾などがある。

銘  福寿   幸福や長寿でめでたいという意味

●サイズ 18.5cm

●古竹の景色のよい茶杓です。銘は福寿です。大徳寺招福寺・福本積應・宗秦作です

●商品状態 新品 写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品 共箱・共筒

●発送方法と送料
  ヤマト運輸・ゆうパック(神奈川県より発送)
  一点以上何点でも930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。


福本 積應 
昭和 5年 京都に生まれる  
昭和34年 大徳寺派招春寺(京都府船井郡)住職を拝命
昭和58年 大徳寺派宝林寺(亀岡市)兼務住職を拝命
平成元年 宝林寺本堂・庫裏・山門を建立
平成14年 招春寺本堂・山門を建立
平成16年 宝林寺を後任住職に譲 再度招春寺住職を拝命 

大徳寺(だいとくじ)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある禅宗寺院で、臨済宗大徳寺派大本山である。山号を龍寶山(りゅうほうざん)と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。

 

  • 茶道具・茶杓・古竹茶杓・銘 福寿・大徳寺招福寺・福本積應・宗秦作

  • 販売価格

    9,900円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード