×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・木製・台天目・中伝・台子点前・真塗・螺鈿七宝天目台・淡々斎好・中村宗悦造

茶道具・古道具・木製・台天目・中伝・台子点前・真塗・螺鈿七宝天目台・淡々斎好・中村宗悦造

天目台 天目台も天目茶碗とともに、中国から将来された茶具のひとつです。天目茶碗は高台の部分が小さく、そのまま下におくには不安定で、はじめから台にのせるように作られたものと考えられます。

台天目   台にのせた天目茶碗。主としてその点前をいう。もともと、献茶や貴人喫茶ないし初期茶湯は台天目で行われた。この天目が他の茶碗に代えられ、台から畳に下ろす工夫によって茶湯が発達した。しかし、復古調の江戸時代初期、書院台子茶湯が流行し、そのため台天目の茶法が「草人木」などに詳しく説かれている。近衛信尋がこれを不審したのに対し、別室に侘び茶の用意がある旨を答え、これを請じたという話もある。流儀茶道で伝授物の一つとなっている。

●螺鈿  ヤコウガイオウムガイなどの貝殻の真珠色に光る部分を磨いて薄片にし、種々の形に切って漆器や木地の表面にはめ込み、または貼(は)りつけて装飾する工芸技法。日本には奈良時代に中国から伝えられ、平安時代には蒔絵(まきえ)にも併用された。摺(す)り貝。

●七宝柄  円形が永遠に連鎖し繋がるこの柄に、円満調和ご縁などの願いが込められた縁起の良い柄です。また人の御縁や繋がりは、七宝と同等の価値がある事を示している柄でもあります。
 
真塗  黒蠟色漆で塗った器物をいう。


蠟色塗 漆芸技法の一種。油分を含まない黒漆で上塗をし、乾燥後、表面を磨き仕上げしたものをいう。最初は朴、椿、チサ、エゴなどの木炭を用いて水研ぎし、研いだ表面を種子油と砥粉を木綿に付けて磨き、次に生漆を綿につけて薄く摺漆をして乾かし、乾いた漆面を種子油と鹿の角粉やチタニューム白を使って磨く。
 
●造りの良い七宝柄の螺鈿の天目台です。裏千家十四代淡々斎好みの天目台です。山中塗の中村 宗悦作です。台子や台天目の点前が楽しくなります。

●サイズ 最大巾 16.0cm  高さ 8.0cm

●商品状態 中古品 使用感ありません。経年による擦れ、汚れ、色むら、小キズ及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品 木箱 共布 栞

●発送方法と送料
  ヤマト運輸・ゆうパック(神奈川県より発送)
  一点以上何点でも930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

 

  • 茶道具・古道具・木製・台天目・中伝・台子点前・真塗・螺鈿七宝天目台・淡々斎好・中村宗悦造

  • 販売価格

    15,400円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード