×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・点前道具・唐津焼・朝鮮唐津一重口水指

茶道具・古道具・点前道具・唐津焼・朝鮮唐津一重口水指

●水指  水指は水器ともいわれ、水差とも書く。茶席において、釜の湯の温度を調え、水を補い、また茶碗などをすすぐ水の入れる器である。

●一重口    一重口(ひとえぐち)とはが内側に入り込んだり、外側へ反り出したりせずに、まっすぐになっている器をいいます。 水指によく見られますが、特にそれに限られるわけではなく香炉にもあるようです。

●唐津焼  佐賀県と長崎県の一部で焼かれる陶器。唐津港から出荷されたためこの名がある。その起源は神功皇后の時代にさかのぼると伝え、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に渡来した朝鮮人陶工を迎えて最も盛んになり、現在につづく。濃い鼠色や茶色の素地に土灰釉をかけたものが多く、素朴な中に趣がある。文様や釉によって、瀬戸唐津、朝鮮唐津、絵唐津、奥高麗などに分類される。

●中古品です。未使用品です。朝鮮唐津焼の一重口の水指です。佐平窯・宇田孝和造りの水指です。使用感はありません。

●サイズ    口径   16.0cm   高さ   19.0cm    底径   13.5cm     蓋径  16.5cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態  中古品です。未使用品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違についてはご了承願います。

●付属品    共箱  

●略歴  【宇田孝和】(佐平窯)
1950年昭和25年06月生まれ
1969年昭和44年  滋賀県立甲南高校(現:信楽高校)窯業科卒
         京都府宇治市、炭山工芸村にて、森里良三氏に師事
1974年昭和49年  帰郷 佐平窯を開窯(佐平は祖父の名前を継承)
1996年平成08年  信楽陶器総合展・日刊工業新聞社賞
1997年平成09年  信楽陶器総合展・朝日新聞社賞
1999年平成11年  信楽陶器総合展・びわこ放送賞
1999年平成11年  通産産業大臣認定 信楽焼き 伝統工芸士

  • 茶道具・古道具・点前道具・唐津焼・朝鮮唐津一重口水指

  • 販売価格

    13,200円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)


関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード