×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・萩焼・萩焼茶碗・波多野 指月 作

茶道具・古道具・萩焼・萩焼茶碗・波多野 指月 作

萩焼
山口県萩市松本と長門市深川で焼かれる磁器の総称。慶長九年(1604)、毛利氏が文禄・慶長の役の際に連れ帰った朝鮮の陶工李勺光・李敬兄弟によって松本に窯が開かれたと伝える。それぞれ松本萩、深川萩と称されて現在につづいている。柔らかい趣の琵琶釉がかかり、ざんぐりした味わいは茶陶に喜ばれ、茶碗はじめ多くの茶器を生み出した。松本萩では李敬の子孫の坂高麗左衛門、三輪休雪、深川萩では坂倉新兵衛などが伝統を守っている。


●中古品です。未使用品と思います。抹茶が美味しい色合いの茶碗です。お稽古に最適な大きさです。一年を通してご使用できます。お稽古にいかがですか。

●商品状態 中古品ですが未使用品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●サイズ 口径 11.3cm 高台径 5.0cm 高さ 8.5cm

●発送方法と送料 
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●付属品 共箱
 

  • 茶道具・古道具・萩焼・萩焼茶碗・波多野 指月 作

  • 販売価格

    6,480円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

  •  

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード