×

CATEGORY

HOME»  古茶道具»  茶道具・古道具・茶箱点前・茶箱・茶籠・御所籠一式・籠師・栗田 元竺 造

茶道具・古道具・茶箱点前・茶箱・茶籠・御所籠一式・籠師・栗田 元竺 造

●茶箱  点前道具一式を仕込んだ携帯用の箱。旅持ちや野点用として用いられ、形状など種類は多い。利休形は桐木地で大小あり、大は内法で長さ六寸五分、幅四寸二分高さ三寸八分。掛子蓋がつく。宗旦好みは朱塗一閑張である。本来、茶箱には点前の決まりはなかったが、裏千家では玄々斎宗室によって点前が考案された。

●茶箱  旅持ちまたは野掛けなどに、茶具を携行するためにできた箱。古来形並に種類は多くあるが、利休形は桐木地で大小ある。中には茶碗、薄器、茶杓、茶筅筒、茶巾筒、振出しなど入れる。

●茶籠  点前道具一式を仕込んだ携帯用の籠。旅持ちともいう。

●御所籠(ごしょかご)は、当初、裏千家十三代家元円能斎が、 皇室より頂いた化粧籠のことだったそうです。 円能斎は、御所内で用いるこの御用籠を愛好していたみたいです。 円能斎没後の昭和6年、裏千家十四代家元淡々斎が、 この籠を「御所籠」と称して新たに作ったのだそうです。
現在、使用されている「御所籠」は、 その当時作られた数個のものと幾分形状が異なっているのだとか。 色紙点前は、淡々斎が、円能斎の好んだ御所籠を用いて、 創案した点前みたいです。
色紙点前の名の由来は、 四枚の古帛紗を最大限に活用し、 茶巾箱と古帛紗を置き合わせた道具の配置が、 ちょうど色紙を散らしたように見えるところ来ているそうです。

●中古品です。使用感はあまりありません。状態の良い御所籠一式です。茶杓は象牙の芋茶杓です。籠師・栗田 元竺の造りです。

●サイズ  籠 タテ 19.5cm ヨコ 15.0cm 高さ 13.0 黒楽茶碗 口径 9.3cm 高台径 4.5cm 高さ 6.5cm 三島茶碗 口径 11.3cm 高台径 4.5cm 高さ 6.5cm 茶杓 17.0cm 茶器 径 7.7cm 高さ 5.0cm 茶巾箱 タテ 5.7cm ヨコ 5.2cm 高さ 2.2cm 茶巾筒 巾 3.4cm 高さ 6.0cm 振出 口径 2.5cm 底径 3.0cm 高さ 9.0cm 茶筅立 口径 3.5cm 底径 3.5cm 高さ 11.0cm

●発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川県より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ930円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

●商品状態 中古品です。使用感あまりありません。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品    共箱
 

  • 茶道具・古道具・茶箱点前・茶箱・茶籠・御所籠一式・籠師・栗田 元竺 造

  • 販売価格

    66,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)



関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード