×

CATEGORY

HOME»  古道具»  古道具・瀬戸焼・小瓶

古道具・瀬戸焼・小瓶

瀬戸焼  愛知県瀬戸市を中心に焼かれる陶磁器。これを産する瀬戸焼は、わが国では最も大規模な窯業地として知られ、東日本では瀬戸物いえば陶磁器をさすほど。原料の陶土に恵まれ、平安時代にはすでにじきと呼ぶ青磁風の焼き物を焼成した。鎌倉時代には加藤藤四郎是正が入宋して中国の陶法を学んで天目釉の器を焼成、わが国の陶器の濫しょうとされる。桃山時代からは黄瀬戸、志野、織部などさまざまな作風の陶器が作られた。文化四年には加藤民吉が肥前で磁器の製法を学んで帰り、以後、瀬戸では、青磁、染付、白磁などの磁器製作を中心に発展した。


●中古品です。瀬戸焼の小瓶だと思います。口のところに直しがあります。手元に置いて楽しめる器です。

●サイズ 胴径:5.0cm  高台径   3.5cm 高さ: 9.6cm

●発送方法と送料 
ヤマト運輸㈱(60サイズ/横浜より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。


●商品状態 中古品です。経年による擦れ、小キズ、汚れ、色むら及び写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品  なし

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード