×

CATEGORY

HOME»  工芸品・伝統工芸品»  工芸品・藍木綿・小風呂敷・流水に鶴・笹倉玄照堂

工芸品・藍木綿・小風呂敷・流水に鶴・笹倉玄照堂

●風呂敷  起源は定かではないが正倉院の所蔵物にそれらしきものがある。古くは衣包(ころもつつみ)、平包(ひらつつみ)と呼ばれていた。それが風呂敷と呼ばれるようになったのは室町時代末期に大名が風呂に入る際に平包を広げその上で脱衣などして服を包んだ、あるいは足拭きにしたなどの説があるが明確ではない。言葉自体の記録としては、駿府徳川家形見分帳の記載が最初のものとされる。その後、江戸時代になり銭湯の普及とともに庶民にも普及した。なお平包の言葉は風呂敷の包み方の一つとして残る。一枚の布ではあるが様々の形状、大きさのものを包むことができるため広く普及していった。風呂敷自体、様々な大きさのものが作られ強度を上げるため刺子を施すなどもされた。サイズの大きいものは大風呂敷といい布団を包めるようなものもある。

●流水に鶴の模様の小風呂敷です。包む楽しさを感じてください。和の心をお楽しみ下さい。

●笹倉玄照堂の藍木綿は江戸時代の木綿の手ざわり、肌ざわりを再現、伝統的な文様の数々を復元、先人の知恵と技術の藍木綿のすばらしさを生活の中で楽しむことができます。

●サイズ cmxcm

●発送方法と送料ヤマト運輸(60サイズ/神奈川より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。
◆単品の場合 日本郵便エクスパック360可
 


●商品状態  新品です。写真による若干の相違はご了承願います。

●付属品  なし

  • 工芸品・藍木綿・小風呂敷・流水に鶴・笹倉玄照堂

  • 販売価格

    2,590円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード