×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

今日のお稽古・季節を楽しむ・和を愉しむ・心を和む・乾漆南瓜香合



乾漆南瓜香合
 
乾漆造とは、漆工の技法の一つであり、また東洋における彫像制作の技法の一つである。 麻布や和紙を漆で張り重ねたり、漆と木粉を練り合わせたものを盛り上げて形作る方法である。 源流は中国にあり、中国では「夾紵」あるいは「ソク」と呼ばれた技法である。器物や棺、彫像などの製作にも用いられた。
 
南瓜  収穫されるのは夏から初秋にかけてになります。 ペポかぼちゃのように収穫してすぐにおいしく食べられるものと、3ヶ月前後ねかせて甘みを引き出してからのほうがおいしいものとがあります。 一般的なかぼちゃは貯蔵性が高く、もともと日本では野菜が少なくなる冬に食べることが多かったようです。

https://hiruma-kimono-sadou

2020-08-10 22:50:53

コメント(0)

季節を楽しむ・和を愉しむ・心を和む・団扇



団扇(うつわ)
涼を入れる風をおこすが、また、蠅や蚊をおうためにも用いられる。白団扇は無地、絵団扇は絵を描いたもの。絹団扇は絹張りの上等品で、骨はなく、丸いわくに絹を張る。京団扇がこれに当たる。渋団扇は、丈夫な骨に紙を張り、渋を引いて頑丈にし、火を起こしたり、魚を焼く火にあおいだりするのに用いる。水団扇は、水を吹きかけてあおぐもので、艶漆や防水剤が塗ってある。岐阜団扇に多いものである。古団扇は前年使用した団扇をいう。
 

2020-08-10 16:01:05

コメント(0)

茶道・今日のお稽古・季節を楽しむ・和を愉しむ・心を和む



涼を愉しむ・ガラス茶碗・パート・ド・ヴェール
 

パート・ド・ヴェールフランス語: Pâte de verre, 英語: Paste of Glass Technique)はガラス工芸の一種。ガラスの粉末を型の中で熔融して成型するガラス工芸の技法の1つで、フランス語で「ガラスの練り粉」を意味する。

「パート」は本来焼き物用に練った土を指す言葉で、まず粘土ワックス等の素材で作品の原型となる塑像を作り、それをもとに耐火石膏などで鋳型を作って様々な色のガラスの粉に糊を加えて練ったもの(ヴェール)を詰め、そのまま窯の中で焼成して、冷えたあと鋳型から取り出し表面を研磨して仕上げるもので、陶磁器とガラス双方の長所を備えた中間的製法とされている

2020-07-19 12:27:24

コメント(0)

茶道・今日のお稽古・季節を楽しむ・和を愉しむ・心を和む



涼を愉しむ茶器    江戸切子・茶器・三代・秀石
 

江戸切子  1834年天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋久兵衛(通称:加賀久)が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻で模様を施したのが始まりと言われる。加賀久は日本橋通油町の硝子・眼鏡問屋・加賀屋(通称:加賀吉)から暖簾分けし、切子も始めたとされる。

1873年(明治6年)、明治政府の殖産興業政策の一環として日本初のガラス工場、品川興業社硝子製造所が開設され日本での近代的な硝子生産の試みが始まった。興業社は三条実美,村井三四郎,丹羽正庸が品川宿東海寺裏に設立したガラス工場で、1876年に工部省が買上げて「品川硝子製作所」と改称した[1]

1881年(明治14年)には当時最先端の技術を持ったイギリスから御雇い外国人としてカットグラス技師・エマヌエル・ホープトマンを招聘し技術導入が行われ数名の日本人が師事、近代的な技法が確立され以後発展した。

2020-07-19 00:09:54

コメント(0)

季節を楽しむ茶道具 師走



        福良雀香合

2018-12-27 00:04:50

コメント(0)

季節を楽しむ茶道具 師走



    無事是吉祥   宗源老師

     

2018-12-19 23:44:21

コメント(0)

季節を楽しむ茶道具  師走



   茶杓   銘  埋火   池田 瓢阿

2018-12-14 12:57:48

コメント(0)

季節を楽しむ茶道具 師走



人間万事塞翁 馬   田中 仙樵 居士

    

2018-12-10 23:01:38

コメント(0)

季節を楽しむ茶道具 師走



           無事  堀内 宗完    

2018-12-02 21:55:12

コメント(0)

季節を楽しむ茶道具 霜月



  閑座聴松風   大徳寺  小田 雪窓

2018-11-27 23:40:51

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

CONTENTS

CATEGORY

Adobe Acrobat Reader DC

当サイトでは、PDFドキュメントを使用しています。PDFドキュメントをご覧いただくためには、Acrobat Readerなどの閲覧ソフトが必要です。
Adobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロード