商品カテゴリ

 

茶道教室

着付教室

店舗紹介

ギャラリーのある賃貸マンション

 
FAX

 

店長ブログ

店長ブログ

こんにちは!店長の晝間です。当ギャラリーはこれらの逸品をお求めやすいお値段でご紹介できる数少ない専門店です。
コレクションとしてのご購入はもちろん、贈り物としても喜んでいただける品を多数取り揃えております。

店長ブログはこちら >>

商品一覧 抹茶 お香 茶碗・茶杓 堆朱(ついしゅ) ご注文案内
今月の禅語 茶道の作法 季節のおもてなし 店舗情報 茶道教室 着付教室

 
HOME»  禅語集»  八月(葉月)の禅語

 八月(葉月)の禅語
 

澗水湛如藍(かんすいたたえてあいのごとし)

水は無色だが満々と湛えた淵では深い藍のような色になる。変化の中に不変の真理が宿っていること。

行雲流水(こううんりゅうすい)

行く雲、流れる水の如く、悠々と自在に場所を変え、一処不住、無執着、自由に生きる姿をあらわす。

独坐大雄峰(どくざだいゆうほう)

大雄峰とは百丈山のことで、宇宙乾坤、森羅万象を呑却した闊達自在なあり方。

瀧直下三千丈(たきちょっかさんぜんじょう)

瀧がまっすぐに落ちる事三千丈。涼しさを強調し語呂を合わせたもので夏の涼しさを呼ぶ一句。

一雨潤千山(いちうせんざんをうるおす)

わずかに身を濡らすだけの雨も見渡せばあらゆるものをゆったりと潤している様子。

万里無片雲(ばんりへんうんなし)

見渡す限り雲ひとつなくきれいに晴れ渡った青空を叙したもの。

鉄船水上浮(てっせんすいじょううかぶ)

浮かぶはずのない鉄の舟が水に浮く。ありえないことが起こる事。

心静即身涼(こころしずかなればすなわちみすずし)

こころが静謐であれば身体も清涼である。心頭を滅却した心身一如のところ。


        
今月の行事・送り火

盂蘭盆会の終わる十五日または十六日夕刻、各家庭に迎えていた精霊を送るため、迎え火のときと同様門前や戸口に香を手向け、おがらを炊く盆行事。

盂蘭盆会  

陰暦七月十五日の行事であるが、関西方面では多く八月十五日に行われている。祖先をまつる仏事で、十日の草市から、魂迎え、魂祭、盆供などがあって十六日に大体に終わる。家々の供茶はもちろん、それを茶にとりいれて、送り火とか灯篭流しの景物があるし、釜にはうってつけの小阿弥陀堂とか切子釜、荷葉釜があり、蓮の葉蓋の水指も床しいではないか。

大文字(送り火) 
  


八月十六日の夜、京都に行われる優美な行事で、東山の大文字、西山の左大文字をはじめ、北山の船、妙法、鳥居などが、夜の八時ごろから次々に点火されて、紺碧の夜空に美しく火の祭典がくりひろげられる。その大文字を見る釜が納涼をかねて催される。



送火やばたりと消てなつかしき                   一茶


送り火や母がこころに幾仏                 高浜虚子


大文字や近江の空もただならぬ                 蕪村

魂祭甥の居たらば茶の通ひ               北枝

相阿弥の宵寝起すや大文字               蕪村


世がよいぞはした踊も月がさす             一茶


花火せよ淀のお茶屋の夕月夜              蕪村