商品カテゴリ

 

茶道教室

着付教室

店舗紹介

ギャラリーのある賃貸マンション

 
FAX

 

店長ブログ

店長ブログ

こんにちは!店長の晝間です。当ギャラリーはこれらの逸品をお求めやすいお値段でご紹介できる数少ない専門店です。
コレクションとしてのご購入はもちろん、贈り物としても喜んでいただける品を多数取り揃えております。

店長ブログはこちら >>

商品一覧 抹茶 お香 茶碗・茶杓 堆朱(ついしゅ) ご注文案内
今月の禅語 茶道の作法 季節のおもてなし 店舗情報 茶道教室 着付教室

 
HOME»  コンテンツメニュー»  作家紹介

作家紹介

韓国・美陶窯 具 誠舎

具 誠舎 1946年生まれ、韓国京畿道廣州市の地で澄んだ空気、松林の中にある登窯で焼く情感あふれる粉青沙器の素朴で力ある焼物を茶器を中心に日夜作陶を続けております。 ※廣州陶芸協会会長歴任 ※新宿京王百貨店招待個展 ※明知大学院陶磁器講師

薩摩焼 中野 静鳳

中野 静鳳 昭和20年生まれ・昭和46年より伝統的な薩摩焼に独自の文様と彫刻を取り入れ、使い勝手んも良い[薩摩焼]を求めて作陶を続けています。古薩摩写等、茶道具を中心に研鑽しております。

村上木彫堆朱 高橋 連峰

高橋 連峰 新潟県村上市は古い城下町です。漆技は600年前に始まり江戸時代中期には現代に伝わる伝統工芸品であります。高橋連峰氏は村上を代表する伝統工芸士であります。

江戸切子 大久保 忠幸

大久保 忠幸 1949年生まれ、高校卒業後、父の元で本格的に江戸切子を学ぶ10年以上の修行期間を経て35歳の時、独立する。 1980年より日本伝統工芸等に勢力的に出品し35歳の時に日本伝統工芸展に初入選する。1991年日本工芸会正会員認定現在に至る。

日展工芸作家 鋳師 金森紹栄(一門工房)

金森紹栄 金沢美大にて金工・鋳芸を学び、後、京都紫野大西三四郎先生に師事伝統工芸のうち特に唐銅茶道具・華器・置物等の技術保存と現代表現に努めていきます。