商品カテゴリ

 

茶道教室

着付教室

店舗紹介

ギャラリーのある賃貸マンション

 
FAX

 

店長ブログ

店長ブログ

こんにちは!店長の晝間です。当ギャラリーはこれらの逸品をお求めやすいお値段でご紹介できる数少ない専門店です。
コレクションとしてのご購入はもちろん、贈り物としても喜んでいただける品を多数取り揃えております。

店長ブログはこちら >>

商品一覧 抹茶 お香 茶碗・茶杓 堆朱(ついしゅ) ご注文案内
今月の禅語 茶道の作法 季節のおもてなし 店舗情報 茶道教室 着付教室

 
HOME»  今月の帯»  七月(文月)の着付

 七月(文月)の着付

季節の着物・帯 

    七月の帯

  これから夏本番、花火見物など浴衣を着てお出かけなど、気分が変わって
楽しいものです。
 今回は、浴衣の着方を二通り提案いたします。
まず、白地市松模様の浴衣には、紫の博多半巾帯を合わせました。
結び方は一文字結び、モデルの奥様は腰回りを気にされていて、身
丈も大柄なほうではないので、一文字を少し大きめにしてボリューム
を出し、腰回りとのバランスをとり、足長に見えるように、少々帯びを
高めにしています。


お稽古着などの着方です。襟元に絽の半衿をのぞかせてきちんとした印象
を出し半巾帯ですが「や」の字結びにして帯〆使うことで、浴衣との違いを
だしました。しかし半衿を出し名古屋帯をしてもレストランや歌舞伎などは場
違いです。ドレスコードを考えて楽しみましょう。
 

  

 


 

  

  

 今月の帯  

男の着物

最近男性の和服姿もよく見ます。女性の着付と違い男性の着物はまきつけるだけで着られますから、もっと和服を楽しむ方がふえるといいと思います。

●大島紬に袴をつけています。若い方がお茶席での半東などする時は、この装いで充分です。この大島紬はアンサンブルで羽織もありますからお正月の初詣など袴をつけないで楽しむことができます。

●次の色無地は紬のアンサンブルですからカジュアルにも使いますが実際は長着の方に縫い紋が背中に一つ付けてありますので羽織を脱げば袴つきでお茶席に入ることができます。

 

黒紋付は男性の第一礼装(正装)で慶弔事共に着用します。この場合半衿と草履の鼻緒は白です。