商品カテゴリ

 

茶道教室

着付教室

店舗紹介

ギャラリーのある賃貸マンション

 
FAX

 

店長ブログ

店長ブログ

こんにちは!店長の晝間です。当ギャラリーはこれらの逸品をお求めやすいお値段でご紹介できる数少ない専門店です。
コレクションとしてのご購入はもちろん、贈り物としても喜んでいただける品を多数取り揃えております。

店長ブログはこちら >>

商品一覧 抹茶 お香 茶碗・茶杓 堆朱(ついしゅ) ご注文案内
今月の禅語 茶道の作法 季節のおもてなし 店舗情報 茶道教室 着付教室

 
HOME»  今月の帯»  六月(水無月)の着付

六月(水無月)の着付

季節の着物・帯 

六月の帯 

 
六月の着物といえば単衣(ひとえ)ですが、昨今は五月中でも暑い日には、暑い日には単衣(ひとえ)を着ます、その時の季節感の違いは帯や帯〆め帯あげがまだ袷せの物と同じでいいことです。そこで六月には襦袢、半衿。帯、帯〆め帯あげすべて夏用のうす物になります。このあと6月下旬には着物もうす物になっていきます。暑い時期の着物は見た目の涼しさも演出します。
 

   

 

  
今月の帯  

男の着物

最近男性の和服姿もよく見ます。女性の着付と違い男性の着物はまきつけるだけで着られますから、もっと和服を楽しむ方がふえるといいと思います。

●大島紬に袴をつけています。若い方がお茶席での半東などする時は、この装いで充分です。この大島紬はアンサンブルで羽織もありますからお正月の初詣など袴をつけないで楽しむことができます。

●次の色無地は紬のアンサンブルですからカジュアルにも使いますが実際は長着の方に縫い紋が背中に一つ付けてありますので羽織を脱げば袴つきでお茶席に入ることができます。

 

●黒紋付は男性の第一礼装(正装)で慶弔事共に着用します。この場合半衿と草履の鼻緒は白です。