商品カテゴリ

 

茶道教室

着付教室

店舗紹介

ギャラリーのある賃貸マンション

 
FAX

 

店長ブログ

店長ブログ

こんにちは!店長の晝間です。当ギャラリーはこれらの逸品をお求めやすいお値段でご紹介できる数少ない専門店です。
コレクションとしてのご購入はもちろん、贈り物としても喜んでいただける品を多数取り揃えております。

店長ブログはこちら >>

商品一覧 抹茶 お香 茶碗・茶杓 堆朱(ついしゅ) ご注文案内
今月の禅語 茶道の作法 季節のおもてなし 店舗情報 茶道教室 着付教室

 
HOME»  茶道具»  茶道具・又玄窯 李 奇休作 青磁象嵌菊花紋平茶碗

茶道具・又玄窯 李 奇休作 青磁象嵌菊花紋平茶碗

●高麗王朝の滅亡と共に、高麗青磁の秘法もその後500余年の間、忘れ去られ断絶したのです。その青磁の技法を、今世紀に至り再現したのが柳 海剛でありました、70年以上の歳月を、ひたすら青磁再現に投じた海剛が人間文化財として、韓国国民に敬愛される理由がここにあります。翁は17歳の1910年から青磁再現の意志を固め、全国の古窯址調査と原料採集、分析実験等に没頭しました。そして青磁再現に身を投じて50年目の1960年海剛高麗青磁研究所を設立しました。

象嵌    金属・陶磁・木材などに異種の材料をはめ込む装飾技法をいう。陶磁器の場合は、素地に沈刻または押印の文様を付け、異色の泥を塗込んで装飾文様を現し、上釉をかけて焼上げる。象嵌青磁といわれる高麗青磁の雲鶴紋、三島の暦紋、簾紋、檜垣紋などはこの例である。金属工芸の場合は、金属の表面に鏨で文様を彫り、金銀などをはめ込む。釜鐶・火箸。灰匙などに見られる。漆工芸では、青貝、螺鈿のように貝殻を文様に切って漆面や木地に埋め込んだり貼り付けたものや、沈金・きんまのように漆面を素掘りにして文様を現し、彫線に生漆を引き、金箔を沈めたり色漆を沈めたりするのも象嵌と称している。

青磁  青味を帯びた灰釉を施した磁器質のやきもの。灰に含まれる微量の酸化鉄の還元焔焼成により青色を呈する。中国では美しい青磁色を呈するのは漢末の越州窯からである。越州窯では唐末から五代にかけてさらに洗練されて秘色青磁を産出した。


●又玄・李 奇休氏は柳 海剛の弟子であります。日本でも知名度は高く技量の高い作家であります。韓国青磁の美しさをお楽しみ下さい。

◆サイズ 口径 14.5cm 高さ 5.4cm 高台径 3.5cm

◆発送方法と送料
ヤマト運輸(60サイズ/神奈川より発送)
◆商品の送料については一点以上何点でも60サイズ907円の梱包価格とさせていただきます。沖縄・離島については別途料金とさせていただきます。

◆商品状態 写真の若干の相違についてはご了承願います。

◆付属品 桐箱(共箱)





 

  • 茶道具・又玄窯 李 奇休作 青磁象嵌菊花紋平茶碗

  • 販売価格

    16,200円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品